• ホーム
  • 首や肩のこりを伴う緊張型頭痛

首や肩のこりを伴う緊張型頭痛

血圧測定器

首や肩のこりを伴う緊張型頭痛は頭を締め付けられたような頭痛が特徴です。
頭痛の中で一番多いタイプの頭痛である。
頭から首にかけて筋肉が緊張し、血行が悪くなっておこる現象である。
頭痛以外に首のこり、めまい、ふらつきなどがあります。
一般的には、日常生活に大きな悪影響を及ぼすことはありませんが、首や肩のころを伴う緊張型頭痛は日常生活においてさまざまなメカニズムが関与しており、自分に合った正しい対処方法を見分ける必要があります。
緊張型頭痛の要因として挙げられるのは、身体的・精神的ストレスが関係しています。
身体的ストレスは体の冷えやまた長時間のデスクワークによる同じ姿勢や長時間のパソコンの使用による眼精疲労、それに関係して首や肩のこりを伴う緊張型頭痛が起きやすくなります。
緊張型頭痛を解消するには、心身のストレスを解消することです。
日常から運動を心がけ、長時間同じ姿勢を続けないようにすることです。
長時間、机に座りっぱなしの人は背筋をのばし、血行をよくするなど筋肉をほぐすようにしたほうがよいです。
また、ゆっくりお風呂に入ったり、首や肩をマッサージや指圧などで筋肉の疲労を取って血液の循環をよくし、コリのある筋肉を弛緩したりすることです。

関連記事