水素水はアンチエイジングに効果はあるかどうか。

ずばり

"効果はあります!"

まず水素水とは、気体の水素分子が溶け込んだ水のことを指します。(アルカリイオン水や活性水素水とは異なります。)

水素分子に圧力をかけて水に溶け込ませたり、水に細かい水素ガスを混ぜ合わせたりすることで『水素水』となります。

次に、アンチエイジングとは、日本語にすると『抗加齢』『抗老化』といい、

加齢と共に起こる様々な体の機能低下を防ぐことを『アンチエイジング』と呼びます。

効果について

水素は抗酸化力を持つ成分です。

老化の原因となる悪玉活性酸素を無害な水に変えることで、アンチエイジング効果を発揮します。

反応が起こる際に熱を発生させないので、副作用はありません。

副作用なく気軽にアンチエイジング効果が引き出せることは嬉しいですね!

水素水を飲む際の確認事項

水素水濃度をしっかり確認すること

効率よく取り入れるには高濃度を選んで医学的に効果が証明されている濃度、0.08ppm以上。余分な水素は呼吸により体外に排出されてしまいます。

開封後は2分以内に飲むこと

水素は空気に触れると抜けてしまう性質があるので、なるべく空気に触れないパウチ系のものを選び、遅くとも2分以内には飲み切る必要があります。

起床時、運動後、入浴後に飲むこと

水素は吸収性の高い低分子なのでいつ飲んでも効果がありますが、起床時や運動後、入浴後などの体の吸収力が高まっている時ならより効果的です。

他にも

飲むだけでなく、現在では水素風呂というお風呂も存在しています。

こちらも水素効果としてアンチエイジングは勿論、血糖値抑制、アレルギー改善、認知症予防、疲労回復、動脈硬化予防など様々な効果が得られます。

127分程入浴することがおすすめされていますので、気になった方は足を運んでみるのもいいかもしれません。

おすすめの記事