『活性酸素』は健康番組や健康関連の雑誌によく出てくるワードなので、名前だけでも知っている方は多いのではないでしょうか。

活性酸素とは

大気中に含まれる酸素分子が、より反応性の高い化合物に変化したものです。

簡単に言うと、”他の物質を酸化させる力が非常に強い酸素”のことです。

私たち人間は生きていく為に日々酸素を吸っていますが、呼吸で取り込んだ酸素のうち約2%が活性酸素として発生しています。

活性酸素によって酸化=老化というメカニズムは切っても切れない縁となります。環境汚染、異物混入(細菌・ウイルス・カビ・タバコ)、激しいスポーツ、ストレス、様々な疾患等の影響によって体内で発生することもあります。

原因は人それぞれ異なりますが、毎日体内に取り込んでいると思うと衝撃が走りますね。

しかし!

活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があって全てが悪者ではないのです。

そもそも善玉活性酸素は、外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物等を殺菌、除去する役割を持っていて、神経伝達や血管新生、免疫力向上等で生命維持に必要とされています。

反対に悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル等)は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与え、身体を酸化=老化させて疾患や老化を促進させてしまう悪い活性酸素です。

この事から、善玉悪玉の両方の活性酸素を全て除去してしまうと免疫力が下がってしまいます。

酸化=老化をさせない為には、”悪玉活性酸素のみ除去する”ことがポイントとなってきます。

善玉と悪玉の活性酸素には性質の違いがあり、その違いが『水素』と関係してくるのです。

水素とは

無色・無臭で最も軽い元素が『水素』です。

水素は、悪玉活性酸素と反応して水に変わります。

善玉活性酸素と水素は同じ球体同士でお互いに反応しない性質を持つのに対し、悪玉活性酸素はギザギザしていて吸着力が強く、水素と反応しやすい性質を持っています。

この事から、反応しにくい性質同士の善玉活性酸素とは反応する事なく、吸着力の強い悪玉活性酸素とのみ反応し、無害な水に変わるといった仕組みです。

水素は最も小さい原子なので、脳のフィルターまでも通過して脳の中にまで入っていけます。

水にも油にも溶けるので、脂質の細胞膜を通り抜け細胞内にも入れます。

そして、水素は厚生労働省から食品添加物として認められており、悪玉活性酸素と反応しても無害な水に変わるだけなので、取りすぎても体に害はありません。

効果として個人差はありますが、副作用もないので安心してたくさん飲めますね!

これらの事から活性酸素と水素の関係とは

活性酸素には善玉と悪玉の2種類があり、水素を取り入れる事によって悪玉のみ体内から除去することが可能となります。

→水素により悪玉活性酸素を除去後、健康に関する様々な効果が期待できる

まずは少しずつ体内に取り入れていき、健康を目指していきましょう!

おすすめの記事