老化や病気の原因となる活性酸素を抑える物質を抗酸化物質と言いますが、水素は抗酸化物質の中でも並外れた抗酸化作用を持つ物質として特別視されています。

抗酸化物質とは

酸化されやすい物質のことで、活性酸素などによって私たちの体が酸化されるよりも優先的に酸化してくれます。

その為、抗酸化物質自身が酸化されることで体を防御してくれます。

抗酸化物質によって私たちの細胞は無傷でいられます。

代表的な抗酸化物質

①ビタミンA

②ビタミンC

③ビタミンE

④コエンザイムQ

⑤フラボノイド系ポリフェノール

⑥非フラボノイド系ポリフェノール

⑦イオウ化合物

⑧カロテノイド

水素

これらの抗酸化物質の中で水素が特別視されているのは、身体に有益な善玉活性酸素には反応せず、有害な悪玉活性酸素に反応し除去する唯一無二の抗酸化物質であるからです。

水素は高い抗酸化作用を持ち、他の抗酸化物質には不可能な細胞膜内のミトコンドリアへの取り込みができるため、活性酸素の除去に高い効果を発揮します。

そして地球上に存在する分子の中で最小サイズ、かつ水にも油にも溶け込むという性質があります。

その為水素を摂取した人の体内で血流に乗るだけでなく、拡散という形であらゆる細胞にたどり着き、体の隅々まで行き渡るのです。

これが他の抗酸化物質と大きく異なる水素の特徴と言えます。

水素以外の抗酸化物質は、悪玉活性酸素と一緒に身体に有益な善玉活性酸素までも除去してしまうのです。

よく、「この果物にはビタミンが豊富だから沢山食べるようにしましょう」や、「コエンザイムが含まれているから・・」など本や番組で見たり聞いたりする事がありますよね。

ビタミンなどが含まれた健康食品やサプリメントもたくさん存在します。

しかし、知らずのうちに身体に有益な善玉活性酸素までも除去していたとは驚きです。

その点水素は"身体にとってとても嬉しい役割"をしてくれる物質ということで、もっと早く知りたかった!と思う方もいるのではないでしょうか。

水素を効率よく体内に取り入れる方法

水素を効率よく体内に取り入れる事が出来るものは、"水素水"です。

上記の"身体にとってとても嬉しい役割"として、個人差はありますが、ガンの抑制やアンチエイジング等に効果があるのです。

そして世の中の多くの方が抱えている悩みである肩こりや冷え、便秘等の症状にも効果的とされています。

これはとても嬉しい役割をしてくれますね。

水素水を日常的な習慣にし、病気に強い健康な身体作りをしていきましょう!

おすすめの記事