結論から言うと、水素水に副作用はありません。

水素水とは、天然水に水素ガスを圧力注入したものや、チタン・プラチナの電極の電気分解に発生した水素を溶存させたもの、マグネシウムと水との化学反応で水素ガスを発生させるものなどがあります。

水素が生体に好影響を与えるメカニズムは単純に人体の余剰な活性酸素の抑制であって、薬剤の様に成分そのものが作用をもたらすというものではありません。

水素は残留性が無い抗酸化物質であり、残留性が無いという事から取りすぎによる弊害(水素による副作用)は一切ありません。

(水素は人の脳幹を易々と通り抜け出来る事から、脳の酸化障害抑制効果も期待されています。)

安心で安全な食品添加物

水素は厚生労働省に認可されている、安心で安全な食品添加物です。

食品添加物は人の健康を害する恐れがないか厳しく検査した上で認可されています。

認可された1995年以降、2000年・2004年・2005年・2007年と継続的な調査が行われ、食品添加物として健康に害が無いことを認められています。

副作用について

安全な食品添加物であることをお伝えしましたが、水素には副作用もありません。

水素水を過剰に摂取したとしても、活性酸素に反応しなかった分は呼吸やゲップなどを通して体外へ排出されますので、体内に溜まって悪影響を与えるということはありません。

しかし、水分の取りすぎでお腹を壊してしまうことはありますが、これは普通の水と同じです。

好転反応

水素水を飲むことによる副作用はありませんが、稀に身体に痒みが出たり、吹き出物が出るなどの好転反応が出る方がいます。

好転反応とは、一時的に悪い症状が出ることを言います。

水素水は体内の活性酸素と結びつき、老廃物として体外に排出する動きがあります。

溜まっていた老廃物が汗などと一緒に毛穴から出ることで、痒みや吹き出物として現れることがある為となります。

好転反応は、"水素の効果が出て症状が改善されている"ことを意味します。

まとめ

以上のことから、水素水は安全で副作用が無い!という事が証明されました。

安全性を確認したところで、健康・美容・アンチエイジングなど様々な効果がある水素水を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事