活性酸素が増えると体に良くない・・最近そんな話を耳にしませんか。

肌のシミやシワといった老化現象から、動脈硬化やがんなど多くの生活習慣病の原因として活性酸素がクローズアップされています。

活性酸素とは

わたしたちは呼吸によって酸素を取り込み、食事で摂った栄養素を燃やしてエネルギーを作り出しています。

この過程の中で、酸素の一部が変化し『活性酸素』となります。

活性とは、酸化する力のことを言います。

活性酸素の特徴

『活性酸素』は体内に侵入した細菌やウイルスの攻撃から体を守ってくれる大事な物質です。

しかし、酸化力が非常に強いため過剰に発生しすぎると正常な細胞まで攻撃します。

活性酸素の種類

スーパーオキシドラジカル

最も一般的な活性酸素。人の体内で最も大量に発生する。

過酸化水素

スーパーオキシドラジカルがSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)という酵素によって

分解されると発生する。消毒作用があり、傷口を殺菌する。

一重項酸素

非常に強い酸化力を持つ。紫外線にさらされやすい肌や目に多く発生。

皮膚がんはもとより様々ながんの原因となる。

ヒドロキシラジカル

上記四つの中で最も酸化力が強い。

過酸化水素と体内の鉄などの金属イオンが反応した際に発生する。

がんをはじめとする生活習慣病、老化の引き金となる率が高い。

発生する仕組み

活性酸素は身近に存在する物質や食べ物によって発生します。

食品添加物、食べ過ぎ、過度なストレス、タバコ、過剰な紫外線、激しい運動、電磁波、放射能、更にはダイオキシンや排気ガスなどの環境汚染物質などが挙げられます。

対策としてできること

良質なタンパク質を摂る

SOD、グルタチオンペルオキシダーゼ、カタラーゼ、どれも主成分はタンパク質。

毎日の食事の中で良質なタンパク質を摂ることは、これらの酵素を作り出すうえでとても

大切なこととなる。

活性酸素を除去してくれる抗酸化作用を持つ食べ物を食べる

-1「ビダミンE・βカロテン・ビタミンC

・・ビタミンEは、βカロテン・ビタミンCと協力して働く為、積極的に摂取する。

     -2 「ミネラル」

・・亜鉛、銅、セレン、マンガンが含まれている食べ物も積極的に摂取する。

抗酸化作用を持つ物質は、酵素・ビタミン・ミネラルのほかにも存在します。

(例:ポリフェノール・フラボノイドなどの成分のほか、尿酸や女性ホルモンなども抗酸化力を持っています)

まとめ

私たちの日常生活の中には、活性酸素を増やしてしまう原因がたくさんあります。

しかし一方で、過剰な活性酸素を除去してくれるSODなどの酵素を作り出す力は年齢とともに衰えます。

抗酸化酵素を作り出す栄養素は、単独で摂取するよりも様々な食品を組み合わせてバランス良く摂取したほうが、体内でより効率よく働くことが分かっています。

(摂りすぎもよくありませんので、ほどほどに摂取してくださいね)

そして紫外線にも注意を向けてください。昨今は夏だけでなく、一年を通して紫外線から肌を守る必要があります。

紫外線対策も忘れずにしましょう。

 

おすすめの記事